劣化した屋根や外壁は雨漏り修理をしっかり行いましょう

新しい屋根に取り換え

握手

家の屋根は古くなると雨漏りを招いてしまいます。屋根の土台が古くなると雨水も染み込みやすいので早急に適切な工事が必要になってきます。雨漏りしやすい屋根は昔ながらの瓦屋根があります。瓦屋根は漆喰を使い瓦を繋げていくのですが、雨や風が強い地域では劣化が進むのも早くなってしまいます。その為大阪で防水工事を考えるなら瓦屋根からメンテナンスのしやすいストレート屋根に変更すると良いでしょう。ストレート屋根にする工事は瓦をめくり取り除く事から始めます。1枚1枚丁寧に剥がし屋根の土台を傷つけないように大阪では工事を行います。その次に下地板の状態をチェックします。大阪の防水工事ではこの段階で下地板の腐食が進んでいると新しい板に交換します。さらに湿気の影響で波打った板があれば平行になるように形を整えていきます。下地板を整えた後には断熱材を張っていきます。この時に大阪では板と板の間にきっちりと断熱材を張り巡らす事が防水や防熱につながります。断熱材の中でも防水効果が高いタイプを使用すると屋根との相乗効果でしっかりと雨漏り対策を行う事が出来ます。断熱材張った後にはコンパネを取り付けた後に屋根を取り付けていきます。この時に屋根と下地にズレが生じないようにしっかりと取り付ける事が最も重要になってきます。雨水を逃がす水切りの設置も必ず行いましょう。専門の業者に頼むと一連の防水工事も数日で完了させる事が可能です。梅雨や雪が降る時期になると防水工事を行う事が難しいので早めに依頼しましょう。